ダイエット

35歳を過ぎてから体重が落ちなくなったダイエットの失敗談

SHIPPAI.JP」ではみんなの失敗談を共有して、たくさんの学びや共感をお届けするブログで、日々たくさんの人の失敗談を投稿しています。

NAO
NAO
今回は三重県在住のPさんの失敗談になります
P
P

こんにちは

35歳を過ぎてから体重が落ちなくなったダイエットの失敗談です

35歳を過ぎてから体重が落ちなくなったダイエットの失敗談

お恥ずかしい話ですが、30代後半になり、体重が55キロからなかなか落ちなくなりました。

30代前半までは身長162センチに対し52キロをキープできていたのですが、35歳を過ぎたとたん、食べたものがすべて脂肪になって、なかなか落ちなくてなってしまったのです。

8時間ダイエットを知った

今までの洋服がパツパツになり綺麗に着れなくなってしまい、買い足すのも自分に負けたようで悔しくて、とにかく様々なダイエットに挑戦しました。

でも、ものぐさな性格が災いして、一旦は痩せても、リバウンドの繰り返し。

そんな中、8時間ダイエットというものを知りました。

厳しそうだけど、効果がありそう

8時間以内に食事をし、それ以外はノンカロリーの水分を取るだけという、ちょっと厳しそうなダイエットでした。

でも、8時間以外の時は胃腸が休めて、体調が全体的に良くなるとのことだったので、疲労感に悩まされていた私はやってみようと決意。

食事をする8時間はどの時間帯にしても良いとのことでした。なので、調べてみると人によっては朝食を抜いたり夕食を抜いたりと様々でした。

面倒臭がりの自分にピッタリ!

私は朝食を食べないとお昼までとてももたないので、夕食を抜こうと決意。

朝7時に朝食をとり、そして2時半頃に遅めの昼食を取り、3時までに食事を終えることにしました。

作る食事も2食で済むので、面倒臭がりの私にはぴったりかなと思ったのです。

最初の2週間は順調だったのに

最初の2週間は順調でした。
夜お腹がグーグーなりましたが、 なんとか我慢できました。

正直「ひもじい。。。」と悲しく思いましたが、自制しました。

2週間過ぎて我慢の限界に達した

しかし、2週間過ぎてすぐ、我慢も限界に達してしまいました。

なんで飽食の時代に、ひもじい思いをしてベッドに入らなくてはならないのかと、惨めになり、自分がかわいそうになってしまったのです。

しかも、私生活もとても忙しく、自分でも無理して頑張っていると分かっている時だったので、空腹がストレスで仕方なくなりました。

そしてついに、夜遅くにキッチンに立ち、ご馳走を作って心ゆくまで食べてしまったのです。

食べる事が幸せで涙がでそう

正直、涙が出そうなくらい幸せでした。
そして、このダイエットはやめたほうがいいなと思ったのです。

後で調べたら、女性はもう少しゆるく、10時間ダイエットや12時間ダイエットでもいいとの情報がありました。

でも、その時にはすっかりやる気をなくしてしまい、私生活はさらに忙しくなり、今まで我慢していた甘いものを毎日食べ続けてしまいました。

そして、情けないことに57.5キロという、人生最高体重に。

我が目を疑い、何度も体重計に乗りました。
完全なるリバウンド、完全なるダイエット失敗です。

自分の生活を見直したダイエットに切り替える

その後は自分の生活や性格をよく考えて、3食のうち夕食だけ炭水化物を抜いた軽いものにすることにしました。
そして今、55キロ近くまで落ちました。

このまま少しずつスポーツなどを取り入れて、健康的な生活に戻していこうと思っています。
それにしても、様々なダイエットに挑戦しましたが、今回は1番の失敗でした。

ダイエットは自分に合ったものを無理なく続けることが大切なんだと改めて思いました。わかっていたはずなのに、焦ると無茶をするものですね。

誤解の無いように書きますが、8時間ダイエットは私の性格や体質には合わなかったというだけで、合う人にとってはとても良いダイエット法なのだと思います。

まとめ

世の中には色んなダイエット法があり、どれが自分に合うかは、やってみないと分かりません。

でも、今の私には夕食軽め(炭水化物抜き)ダイエットが一番合っているようなので、コツコツ続けていこうと思います。

少しずつ着れる服が増えてきたので、焦らずじっくり続けていく予定です。
皆様も、自分に合った無理のないダイエットに出会えますように。

P
P
自分に合った無理のないダイエットに出会えますように。
NAO
NAO
Pさん、ありがとうございました