恋愛

SHIPPAI.JP」ではみんなの失敗談を共有して、たくさんの学びや共感をお届けするブログで、日々たくさんの人の失敗談を投稿しています。

NAO
NAO
今回は長野県在住のDさんの失敗談になります
D
D

こんにちは

その時、楽しめる恋をすれば良かった恋愛の失敗談です

その時、楽しめる恋をすれば良かった恋愛の失敗談

高校生の頃の恋愛について、後悔しています。
失敗しました。

高校1年生の入学式の時に、当時通っていた高校の女性教師に一目惚れをしました。

女子教師に一目ぼれ

高校生から見れば大人の女性で、かつとても綺麗だったため片思いをずっとしていました。
当時恋愛経験もあまりなく、その女性教師をひと目見るだけで1日幸せになれるような淡い恋心を抱いておりました。

話しかける勇気もなかなかなかったため、片思いの気持ちをずっと抱いていました。

自分に好意を持った女子がいたが進展はなし

その頃、同級生でとてもかわいい女の子がいました。
学年でもトップクラスの可愛さの子でした。

その女の子が、自分に好意を持ってもらっている事はなんとなく気づいてはいましたが、片思いの女性教師がいたため、その女の子と関係が進展するようなことはありませんでした。

片思いを3年間

大人になった今に思えば、その考えが失敗でした。
その女の子は本当に可愛く、学年でもとても人気がありました。

自分がその子に思いを伝えれば付き合える事は確実でした。実際に友達経由で、その子が僕のことを好きだと言うふうに思っていることを聞いたこともありました。

にもかかわらず、当時は純愛だったため片思いの高校教師のことを思い高校3年間、恋愛することもなく片思いのまま終わってしまいました。

今できる恋愛をしておけば良かった

好意を持ってくれている女の子と付き合っていれば、休みの日にデートをしたり買い物したりと、とても楽しい青春時代を謳歌することができていたことと思います。

また高校生の女の子と付き合えるタイミングは、自分も高校生の頃しかなかったため、今思えばとてももったいないことをしたと後悔しています。

そして何より、行動に移せなかったことが今でも悔やまれます。
高校3年生の卒業式の後にどうしても何か行動を起こしたいと思い、片思いをしていた女性教師に手紙を書きました。

当時は卒業アルバムに卒業生や先生の住所が記載されていたため、その住所に思い切って手紙を書きました。
今までの思いを綴ったラブレターです。

淡い片思いは結論が出ないまま終わった

しかしそれまでろくに会話もしていなかったため、もちろん返事が来ることもなく、淡い片思いは結論が出ないまま終わってしまいました。

もっと早い段階で勇気を持って告白をしていれば、白黒はっきりついて、次の恋愛への行動に早く動き出せたと思います。

高校生と女性教師の恋愛なんてドラマの中でしかないため、実際に実る事はなかったとは思いますが、告白をしなかったため、白黒つけれずにずっと引きずってしまいました。

連絡をする手段がなかった

また当時「魔女の条件」という滝沢秀明と松嶋菜々子のドラマがやっておりました。
ちょうど高校生と女性教師の恋を描いたドラマで、当時の自分は影響を受けて淡い期待を思ってしまいました。

早く白黒がついていれば、次の恋愛に動きだせていからかもしれないため、告白をする勇気を持てなかった自分に後悔しています。

また、当時は携帯電話やPHSが高校生の間で広がり始めた時期でもありました。
しかし、自分はそういった機器がチャライと思ってしまい持っていませんでした。

自分に好意を持ってくれていたかわいい女の子が、私の携帯電話の番号を友達伝いに聞こうとしたらしいのですが、私が携帯電話を持っていなかったことにより連絡をする手段もなかったようです。

高校の頃にあの子と付き合っていたら

古臭いを考え持っておらず、新しい機器を積極的に取り入れるような気持ちを持っていれば、恋愛のチャンスが広がったはずでした。

大人になった今でも、高校生の頃にその子と付き合っていることができていればとても楽しい青春を過ごしていたのではないかと後悔をしています。

InstagramやFacebookなので、その子の名前を検索することがありますが、見つけることができません。

まとめ

今はもう結婚して名字が変わってしまっているかもしれませんがどこかで偶然会えることを期待してしまいます。

もし高校生の自分に言えることがあるとすれば、その時できる恋愛を楽しんでおくように一声かけてあげたいと思います。

D
D
その時できる恋愛を楽しんでおくように一声かけてあげたいと思います。
NAO
NAO
Dさん、ありがとうございました