学生

時給が高かったから決めたバイトの失敗談

SHIPPAI.JP」ではみんなの失敗談を共有して、たくさんの学びや共感をお届けするブログで、日々たくさんの人の失敗談を投稿しています。

NAO
NAO
今回は●●在住のUさんの失敗談になります
U
U

こんにちは

時給が高かったから決めたバイトの失敗談です

時給が高かったから決めたバイトでの失敗談

私は大学1年生のとき、アルバイトをするためにいろいろなサイトを見て、良さそうなアルバイト先を探していました。
何件か気になるものをみていたとき、ある個人経営のうどん屋さんの求人を見つけました。

そのお店は私が住む家からも近く、時給も1100円と高かったため、「ここにしよう」と軽い気持ちで応募しました。
 

お店で働くことが決まった

面接の結果、採用が決まり、私はそのお店で働くことになりました。

初めてのアルバイトということもあり分からないことだらけで、具体的な研修などもなかったため、最初は失敗ばかりでした。
パートのおばさんや店長に何度も怒られてかなり落ち込みました。

間違えても、しょうがないと思っていた

しかし、まだこのときは「初めてだからしょうがない」、「慣れの問題だ」くらいにしか考えていませんでした。

その考えが変わったのは、働き始めて3日目のことでした。
この日も、オーダーミスやレジの打ち間違いなどのさまざまなミスをしてしまいました。

相変わらずパートのおばさんに怒られてばかりで、キッチンにいても「そこにいても邪魔だからホール出てて」と言われる始末でした。
思わず泣きそうになってしまったのを今でも覚えています。

研修や説明もないから仕方がない

確かに、何度もミスをしてしまう私が悪いのですが、研修や詳しい説明もなく、いきなり働かせられたのですから多少は仕方のないことではないかと当時は思いました。

あまりにもお店の人間関係が悪く、精神的にとても苦しい思いをしていたため、家族にも相談することにしました。

私の家族は、「そんなお店はやめてしまいなさい。所詮アルバイトなのだから、精神的に追い詰められながら働く必要はない。」と言ってくれました。

家族のアドバイスも聞きながら結局は辞めることが出来なかった

かし、当時の私は、まだ働き始めたばかりなのだからそんなに早く辞めてしまってはいけないと思い、家族のアドバイスを聞きながらも無理をして働き続けました。

結局、そのお店のアルバイトを辞めることができたのは、3か月後のことでした。

自分にあった仕事を見つける事

私はこの経験から、「アルバイトは人間関係を重視するべきである」ということと、「自分の性格にあった仕事を見つけるべきである」ということ。
また、「よく考えて物事を選択することの大切さ」を学びました。

私は、働くということを甘く考えすぎていたのかもしれません。

時給の高さに惹かれたバイト探しは失敗

後先のことをよく考えず、適当な気持ちであのアルバイト先に応募してしまったのが一番の失敗だったと思います。
これは私の価値観なのかもしれませんが、世の中はお金がすべてではないと思います。

今回の私の場合、正直なところ、時給の高さに惹かれたところがありました。

自分が働きたいと思えることが大切

しかし、いくら時給が高くてもその働く環境が悪ければ、モチベーションも下がってしまい、長期間にわたってアルバイトを続けることが難しくなります。
それでは意味がありません。

だからこそ、お金だけを重視するのではなく、自分が働きたいと思える環境を見つけることが大切であると感じました。

また、自分の性格に合った仕事を見つけることも、とても大切だと思います。

私の場合は飲食店は向いていませんでした。
飲食店は、臨機応変に対応しなくてはならないことが多く、複数のことを同時にこなす必要があり、私の苦手なことが仕事をする上で必要だったからです。

まとめ

そのような苦手分野を克服していくことも大切だという人もいるかもしれませんが、やはりアルバイトとして働かせていただく以上、できるだけ迷惑をかけてしまうことは避けるべきだと思います。

だからこそ、本当にできないことや苦手なことに関しては、諦める勇気を持ち、自分の得意なことを伸ばしていく方がいいと思います。

ちなみに現在は、大学の友達もアルバイトとして働いている個別指導塾の講師として働いています。

先輩方もいい人ばかりで、とても働きやすいです。
あの経験は失敗談ではありますが、今考えてみると、働くことを考える良い経験だったなと思います。

U
U
今考えてみると、働くことを考える良い経験だったなと思います。
NAO
NAO
Uさん、ありがとうございました