家族

軽い気持ちで決めた夫の両親との同居の失敗談です

SHIPPAI.JP」ではみんなの失敗談を共有して、たくさんの学びや共感をお届けするブログで、日々たくさんの人の失敗談を投稿しています。

NAO
NAO
今回は茨城県在住のLさんの失敗談になります
L
L

こんにちは

軽い気持ちで決めた夫の両親との同居の失敗談です

軽い気持ちで決めた夫の両親との同居の失敗談

長男で跡継ぎの夫の実家の敷地に家を建てることになり、それまではのんきなアパート暮らしだったので、軽い気持ちで一軒家に住める喜びしかありませんでした。

周囲では土地も買っているので二倍以上の価格がかかるのに、うちは上物だけの費用で建てられると浮かれていましたが大失敗でした。

こんな、はずではなかったのに・・・

もともと夫とはあまり仲が良くなかったのですが、気ままなアパート暮らしだったときには親せき付き合いや長男の嫁が何たるかを全く知らずにいました。

家を建てたとたん法事や葬儀などに駆り出されてお茶出しや親せき付き合いなどを強要され、上手くふるまえないと容赦ないダメ出しや親せきからの叱責など全く生活が変わってしまいました。

確かに跡継ぎではあるかもしれませんが、夫が跡継ぎなのであって私は先のことは分からないと考えていたのでこんなはずではなかったという気持ちでいっぱいです。

街中で育った自分の未熟さを痛感

子供がいるので子供部屋も必要ということで気軽な気持ちで家を建てたのですが、そんなにうまい話があるわけもなく。

頻繁に法事や葬式などに引っ張り出されてお茶出しや付き合いなどの強要はとどまるところを知りません。

農村地帯なので噂も多く閉鎖的なエリアで以前住んでいた隣町とは大違いです。
大した距離でないのにこんなに違う物かと街中で育った自分の未熟さを感じました。

前の奥さんもこれで別れたのかも

閉鎖的でよそ者を受け入れない風土なので、いわゆる限界集落といった感じです。
跡継ぎのいない家も多く、利口な子供はさっさと出て行ってしまっているようです。

夫は再婚だったので、もしかしたら以前の奥さんにはこれが嫌で逃げられたのではないだろうか、と思うほど陰鬱な雰囲気がただよい。

しきたり以外は全部だめといった風潮に嫌気がさしています。

後悔ばかりの同居

ああ、引っ越してくるんじゃなかったと思っても後の祭りでローンは組んでしまっています。

子供の学費もあるのですぐには引っ越しもできません。

長男の嫁の雑務

家を建てたまでは良かったですが、思いっきり長男の嫁の雑務が待っていて驚きました。

そういう話は一切聞いていませんでしたし、結婚してから10年くらいはそうした役割をふられることはありませんでした。

驚いたのは、夫が私の味方になってくれず当たり前のようにこき使うことです。

完全に騙されたという気持ち

初めはキツネにつままれているのかと思ったほどでした。
ああ、完全に騙されたのだと思いました。

このエリアではお嫁さんに逃げられる男性も多く、その多くは古いしきたりを押し付けられて体調を崩したり風土になじめないといった理由です。

しきたりを重んじる古い農村地区だということに気づかず、土地をもらえるということで喜んで家を建てた自分の無知さに泣けてきます。

嫌がっているのに無理に田舎の時代遅れで意味不明な常識を押し付けてくるので私も体調を崩すことが多くなりましたが、それでもお構いなしで押し付け続けてくる主人に心底愛想が尽きたので、子供の自立を良い機会として家を出る予定です。

同居を機に夫とも仲が悪くなった

夫とも同居をきっかけに仲は修復不可能になりました。
ああ、家さえ立てなければと何度思ったかわかりませんし引っ越してきたことですべてくるってしまいました。

のんきなアパート暮らしはそれほど広い部屋ではありませんでしたが、何より自由で人目を気にすることはありませんでした。

現在は、敷地内に夫の親や兄弟が済んでいてほとんど交流はありません。

自分の家なのに庭に出るのも決まずくてアパート時代はよく来ていた友達も呼べなくなりました。

まとめ

敷地内同居だけでも結構窮屈なのに、古くから続く本家なので親せきがひっきりなしに来てものすごく気まずいです。

入口が一つしかないので、そこを通らないと外に出ることができず、愛想の悪い嫁のような扱いで針のむしろといった感じです。

健康なメンタルを保つために図太く生活していますが、以前の自由気ままな生活に戻りたいです。
長男の嫁なんて、百害あって一利なしなのでどんな呼び水をまかれても敷地内同居だけはしない方が良いです。

L
L
百害あって一利なしなのでどんな呼び水をまかれても敷地内同居だけはしない方が良いです。
NAO
NAO
Lさん、ありがとうございました