遊び

パチスロで彼女も友人も失ったの失敗談

SHIPPAI.JP」ではみんなの失敗談を共有して、たくさんの学びや共感をお届けするブログで、日々たくさんの人の失敗談を投稿しています。

NAO
NAO
今回は兵庫県在住のRさんの失敗談になります
R
R

こんにちは

パチスロで彼女も友人も失ったの失敗談です

パチスロで彼女も友人も失った失敗談

今私は38歳の事務員です。
実家暮らしで給料は手取り16万円です。

貯金もありませんし結婚もしていません。
一般的にいう底辺だと思います。

今好きな女性がいるのですが金無さすぎて何も出来ません。

高校2年の時に初めてパチスロに

高校2年生の時に私は原宿でアルバイトをしていたのですがアルバイト先の友達に誘われ給料日にパチスロに行きました。
ジャパン2いうパチスロでした。

結果は5万円位負けたと記憶しています。
それからしばらくは怖いと思ってやらなかったのですが半年後位に行ったらはまってしまいバイトの給料を全部パチスロに使ってしまう様になりました。

給料日の3日後に100円しかない

本当に給料日の3日後には100円しかないみたいな感じです。
それでも世の中にこんなに面白いものがあるのかと思う位やりたくて仕方がなかったです。

当然お金が足りなくなり友達だけでなく彼女からも借金して振られました。
最後の方はデートもパチスロ屋だったと思います。

彼女の事は好きだったが振られ、親には泣かれる

本当に彼女のこと大好きだったのですが嘘ついてパチスロ行って金借りてたら振られるのは当然だと思います。

この時の行動は本当に後悔しています。

大学生になっても大学までたどり着けずパチスロばっかりやっていたので一年で中退ししました。
大学の後期の学費はパチスロで使い母親は泣きました。

当時実家にすんでいたのですが追いだされました。

みんな楽しいのにパチスロを辞めるんだろう・・・と不思議に思った

フリーター時代にはパチンコ屋の店員の彼女と同棲していたのですが結局金で揉めて別れました。

その後はパチスロの仲間もどんどん就職する等で足を洗っていったのに私はずるずるとやり続けていました。

当時は私はパチスロ好きだから一生やるよと周りにも言っていました。
なんでみんなこんなに楽しいのにやめようとするのか不思議でした。

今思えば自分の周りにはまともな人が多かった

今思えばみんなまともな人が多かったんだと思います。
このままじゃダメだと感じていたのでしょうか。

24歳の時に麻雀屋の社員で働き始めたのですが給料が入ると寝る時間を惜しんでパチスロに行っていました。
昼はパチスロ夜は麻雀そんな生活をしていたらまともな人間は形成されないと思います。

自分はパチスロをするために生まれてきた

その生活を8年間続けました。
パチスロをやるために生まれてきたのかと思っていた位好きでした。

その間は服を買った記憶もないし、パチスロと麻雀と寝る以外本当に何もしていなかった様な気がします。

私のいた麻雀屋の従業員はほぼ全員借金があり私にももちろんあったのですが周りも同じなので特に危機感も感じずその日暮らしを続けました。

8年間働いて得たものは100万円の借金と麻雀の腕だけです。

失ったものは数知れず

失ったものは本当にかぞえきれません。

32歳の時に更正しようと思って麻雀屋を退職してギャンブル依存性の病院に通いその後ホテルに入社したのですがパチスロを毎日やりたいと思ってしまい半年で辞めました。

その後実家をだされたので結局日雇いをしながらパチスロをしていました。

寝る場所はネットカフェでした。
当時なりたい者はパチスロをうって生活をするパチスロ生活者でした。

何故か去年の秋頃から突然パチスロがつまらなくなり自然にやめることが出来ました。
今年から事務員になったのですがいままでパチスロと麻雀しかしてこなかったのでパソコンは苦手です。

パチスロさえ覚えなければ今頃結婚していたかもしれませんし、貯金もありまた麻雀屋で働くこともなく真っ当な人生をおくれていたのではないかと思います。

普通の人が社会のマナーであったり職歴を積む20代と30代を私はパチスロと麻雀に費やしてしまったので今更人並の生活がしたいと思っても難しいと思います。

まとめ

1からやり直すには遅すぎる年齢になってしまいました。
時間はもちろん友達だけでなく彼女も失いました。

本当にパチスロを覚えたことは失敗でした。
17歳の自分にパチスロだけは絶対にやるなと言ってやりたいです。

R
R
時間はもちろん友達だけでなく彼女も失いました、本当にパチスロを覚えたことは失敗でした。
NAO
NAO
Rさん、ありがとうございました