ダイエット

これではダメだとダイエット開始した失敗談

SHIPPAI.JP」ではみんなの失敗談を共有して、たくさんの学びや共感をお届けするブログで、日々たくさんの人の失敗談を投稿しています。

NAO
NAO
今回は山形県在住のCさんの失敗談になります
C
C

こんにちは

これではダメだとダイエット開始した失敗談です

これではダメだとダイエット開始

両親はぽっちゃりですが、私は小学生の頃から水泳をしていました。
おかげか高校生の頃までは体重、体系のことは気にしたことはありませんでした。

高校2年性の頃に受験のこともあり水泳をやめてから食べる量は変わらないけど運動量が減ったので、どんどんと体重が増加していきました。

運動をする時間がないので食事制限だけに

これではだめだと初めてのダイエットを開始することに。
とりあえず食事を減らすダイエットを実行すると、高校を卒業してからしばらくは体重が減っていったのですが、入学した学校の授業には一日に2回調理実習をすることもあったので、せっかく減ってきた体重もまたもとに戻ってしまいました。

調理自習が2回ある日は昼食を食べないようにはしていましたが、あまり効果はなく、早朝のバイトと学校の授業も忙しくて運動する時間もなかったので食事制限だけしてました。

焦る気持ち・・・本気のダイエット

就職先も調理の仕事だったので作り、味見をしたり、料理の研究をしたりとで普段の食事プラス食べるので体重は増えるばかりでした。

初めての健康診断でコレステロール値が高くて、今まで着ることができていた服も入らなくなり、鏡を見るのが嫌になりました。

とうとう最高記録の体重になった時、このままではダメだと今まで以上に焦り、本気のダイエットを決意しました。

それでも痩せない

今までは食事制限だけのダイエットで失敗していたので運動を加えることにしました。
仕事が終わった後にジムへ行き、30分~1時間ウォーキングマシンで脂肪を燃焼することに。

ですが何カ月たってもいっこうに体重は減らずで、ますます焦ってしまい朝食をサラダだけにして夜もほとんど食べずに職場だけの食事ですませていました。
それでも痩せないので、夜にランニングもはじめました。

痩せない原因は病気でした

今思えばとても過酷なことをしていましたが、それには気づかずにがむしゃらにダイエットをしていました。

後でわかったのですが、私は橋本病という甲状腺の病気でホルモンが不足した結果、新陳代謝が低下するのでダイエットしても食べる量が減っても体重が減らなかったのです。

病気に気が付かなかった

この病気を知った今は、若いのにコレステロール値が異常に高くて、運動や食事制限をしていても体重が10㎏以上増えるのは異常なことだとわかるのですが、橋本病はなかなか気づきにくくて、私の場合はたまたま病院でコレステロール値が異常に高いことを先生が不思議に思い検査をした結果わかることができました。

コレステロール値が高いころにはまわりの人に「痩せないといけない」「食べ過ぎ」「もっとキビキビ動かないと」と言われ、自分もそう思っていました。
両親がぽっちゃりしているので病気とは結び付かなかったです。

体重が減らない時には他に要因があるかも

ぽっちゃりしている人がみんなそうではないですが、もしダイエットをしていても体重が減らないときは他の要因があると考えるのも大切なんだと思いました。
気づいて教えてくれた先生にはとても感謝しています。

橋本病の薬を飲みだしてからは普通の食事量でもどんどんと体重が減っていき驚きました。
体の疲れもなくなり、軽くなりキビキビ動けるようにもなりました。

異常な体重の増加はなくなった

今は、薬を飲んでいるので普通の食事量では太りませ。
ちょっと食べすぎても異常な体重の増加はありません。

適度な運動をしていれば大丈夫です。

まとめ

でも、私ももっと若いころにに分かっていたら、ミニスカートやショートパンツをはいたり、体系を気にせずに服を着てもっとおしゃれを楽しめたのにとふと思います。

あまり数値や症状に過敏になることはないですが、おかしいなと思ったら少しひっかかることも大事です。
今回のことは命にかかわるような大したことではないですが、私は気にしなさすぎなのでこれからの教訓として「早期発見」「早期治療」を大切にしていきたいと思います。

C
C
これからの教訓として「早期発見」「早期治療」を大切にしていきたいと思います。
NAO
NAO
Cさん、ありがとうございました