恋愛

お見合いをお断りした後に起こったの失敗談

SHIPPAI.JP」ではみんなの失敗談を共有して、たくさんの学びや共感をお届けするブログで、日々たくさんの人の失敗談を投稿しています。

NAO
NAO
今回は富山県在住のNさんの失敗談になります
N
N

こんにちは

お見合いをお断りした後に起こったの失敗談です

お見合いをお断りした後に起こった失敗談

仲人を介さないお見合いの一環として、婚活サイトの活用や街コンを活用する方は増えましたが、仲人を介するお見合いも未だ健在です。

今回の失敗談は、仲人を介してのお見合いにまつわる内容となっています。

アラサーともなると男女ともに結婚観を見直す時期となり、恋愛としてと言うより結婚する目的を持って相手を探す方も増えます。

知り合いから紹介されたお見合いを受ける

同時に、周囲の方から「結婚は?」と言う声がかかる方もいらっしゃるでしょう。

人それぞれ性格や結婚観があります。私は結婚に対しては意欲はあるのですが、出来れば知り合いを介したお相手をと思っていました。

幸い親戚や知人からのご紹介をいただき幾度かお見合いをさせていただく機会を頂く事が出来ました。

断った後に起きたトラブル

お見合いに限らず出会ってすぐに結婚を前提にお付き合いすることもあれば、残念ながら縁が付かないこともあります。

私の失敗談はこの縁が付かなかった事によるものです。
具体的にはこちらからお断りした後、トラブルが発生してしまったのです。

お見合い相手に求めることは種々あるかと思いますが、やはり共に生活を営むための価値観、金銭感覚は非常に重要と考えます。

価値観、金銭感のズレからお断り

トラブルになってしまった方は、一度お会いした時の印象はとてもよかったのですが、価値観、金銭観の微妙なズレを感じていました。

「自分が神経質になっているだけかもしれないから、幾度かお会いしてみよう」と交際未満のお付き合いをさせていただきました。

その短いお付き合いの中で、やはり決定的な価値観、金銭観のズレは誤魔化せないと確信したため、最終的にこちらからお断りすることになりました。

相手から細かい難癖をつけられて仲人にも迷惑をかける

これを機に相手方から細かい難癖をつけられてしまい、仲人さんにも大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

仲人さんがいて下さったお陰で大事にはならず、ちょっとしたトラブル程度で済んだことは幸いです。

お見合いは慎重になり過ぎてもダメ

この失敗談は「お互いの年齢を考えた時、焦り過ぎも良くないけれど、慎重になり過ぎても良くない」ということです。

つまり、「簡単に断っては申し訳ない」と言う情に引っ張られたと思うのです。

アラサー、アラフォーとなってくれば結婚に対する焦りは強くなります。
当時お相手の方は40歳を過ぎた方でしたので、アラサーの私よりも更に結婚に対する焦りがあったことでしょう。

私は慎重になり過ぎたあまり、お相手の思う結婚へのタイムリミットを消費させてしまったということになるのです。

安易な気持ちでお見合いはしないように

特に合コンや街コン、婚活サイトの利用よりも知人の紹介でお見合いをしたいと言う方の多くは、これまで結婚に対してあまり積極的でなかったことが多いものです。

ご両親や周囲の方に押されてお見合いに乗り出し、ようやく結婚適齢期を考え始める方もいらっしゃることでしょう。

私もそうでしたが、この場合突如結婚に対する猛烈な焦りが生まれることがあります。

このような感情を相手も当然のように持っている考えずに、とにかくじっくり結婚相手を探したいという安易とも言える気持ちでお見合いをしてしまうと、相手の感情をないがしろにしてしまいがちです。

「相手に気を持たせてしまった」ことに対しては失敗

特に知人を介してのお見合いは、自分と交流がある方からの紹介ですから、価値観の近い方を、価値観の近い方によってマッチングして頂けるので安心感は抜群です。

しかし一方で淡々と進めるという事は不可能に近いですから相手の感情に、より配慮する必要があったのです。

この体験談は「相手に気を持たせてしまった」ことに対しては失敗しています。
しかしお断りした後に難癖を付けられてしまったことを考えると、「初対面で感じた自分の中の違和感」を大切にしたという点では失敗していません。

年齢が上がるにつれて、自分は当然ですが相手も真剣に結婚を希望しています。

即断即決とは言いませんが、心の中に違和感がある状況で何度もお会いしてしまうという事は、年齢が若ければ問題ないかもしれませんが、アラサー、アラフォーともなるとお互い無駄に時間を消費してしまうだけです。

まとめ

お見合いで思ってしまいがちな「簡単に断ってしまうのは申し訳ない」と言う気持ちが、却って相手を傷つけてしまうことになるという事をこの体験を通して学ぶことが出来ました。

合わないと思ったら長引かせず、きっぱりとお断りする事が相手に対する優しさにもなるのです。

N
N
合わないと思ったら長引かせず、きっぱりとお断りする事が相手に対する優しさにもなるのです。
NAO
NAO
Nさん、ありがとうございました