趣味

お料理教室に通った時の趣味の失敗談

SHIPPAI.JP」ではみんなの失敗談を共有して、たくさんの学びや共感をお届けするブログで、日々たくさんの人の失敗談を投稿しています。

NAO
NAO
今回は茨城県在住のDさんの失敗談になります
D
D

こんにちは

お料理教室に通った時の趣味の失敗談です

お料理教室に通った時の趣味の失敗談

アラフォー世代になってから子供も高校生になり、自分の時間も増えたので色々と楽しみたいなぁと思うようになりました。

趣味を見つけようと思い、お料理教室へ通うことにしました。

お料理教室へ通っている方の年齢層は幅広く、20代前半から50代までの方が通っています。

料理教室はアットホームな雰囲気

けっこうお料理教室はアットホームな雰囲気で、普段作るような料理からオーブン料理など手の込んだ料理まで幅広く扱っていました。

レパートリーが増えるのは嬉しい!と思い、通うようになりました。

お教室では先生の指導もあり、スムーズに調理をすることができ、自宅へ帰ってから同じ料理を作ろうと思って料理をすると、けっこう手の込んだ料理は食材を沢山購入しないといけないし、手間がかかるので苦手意識を持ってしまいました。

家族からは通う意味ある?と言われる

結局あまりお教室で習った料理は作らず、やはりいつも通りの料理になってしまうので主人や子供達からお料理教室へ通う意味があるの?と言われるようになりました。

お料理教室では自分たちが作った料理をその場で食べるし、その後はデザートなど食することもあるため、けっこう体重増加傾向にあり、お料理教室へ通い初めてから太ったことはショックでした。

和食・洋食・中華・フレンチなど先生はレパートリーも多いし、手の込んだ料理を作るのも好きな方で、オーブン料理は教室にある大きなオーブンを使うので、美味しく出来上がります。

本格的な料理をするのなら調理器具を揃えるのも重要

自宅のオーブンとは大きさも違うし、やはり本格的な旨味を引き出すには調理器具など揃えることも重要だから、我が家は無理だなぁと実感しています。

招待料理など、年末になってくると様々な手の込んだ料理を作るようになり、ターキーのオーブン焼きなど珍しい外国で食べるような食事が出てきて、お料理教室の皆さん方と盛り上がります。

やはり自宅で作るとなると、ターキーを丸ごと購入するのも大変だし、オーブンに丸ごと入らないので普段の生活では厳しいなぁと感じるようになりました。

難しい料理がメイン、料理教室選びを間違えた

趣味として料理のレパートリーを広げて楽しめるのは嬉しいです。

結果的に自宅では全くお料理教室で習ったことは披露できませんし、難しい料理がメインになっています。

これは料理教室の選び方が間違ったと思っています。

料理好きが通うが設備も揃っている様子

そこへ通う方々は、けっこうお料理が好きで自宅でもしっかり作ってらっしゃる方もいます。

かなり大きな埋め込み式オーブンをキッチンに内臓してらっしゃるし、元々お料理好きな方が通うようなお教室だったなぁと思っています。

お料理教室の選び方は、じっくり検討してから決めるべきだったと後で後悔するようになりました。

続けるのも大変!趣味にするのにはお金もかかる

なんとなく、おしゃれな雰囲気だし、今まで作ったことがないお料理など習ってみたいと思ってお料理教室を選びましたが、これは大きな間違えだったとわかりました。

日常生活の中でお料理が楽しくなるような、自宅にあるような食材・調味料・調理器具を使ったお料理教室だったら長続きしたかもしれませんが、これは趣味の見つけ方が失敗したと後で後悔するようになりました。

お料理教室は食材費や施設料なども込みでかなり費用もかかるため、続けるのも大変ですし趣味として気軽に入って後悔しています。

普段の生活で難しくない料理を学びたい

お料理教室は趣味として楽しそう!と思っていました。
ですが、やはり手の込んだ料理となると、色々食材を揃えるのも出費になります。

もう少し普段の生活で難しくない料理を学ぶ機会があればよかったなぁと感じています。

まとめ

趣味として様々な料理を学ぶ機会には最適だと思い通い始めたお教室でしたが、これは大きなミスをしてしまったなぁと感じています。

家族が元気になるような手軽に料理が楽しめる料理だと自宅で調理する際に作ることができますが、なかなか難しいので大変です。

D
D
自宅で調理する際に作ることができますが、なかなか難しいので大変です。
NAO
NAO
Dさん、ありがとうございました