仕事

あの時に直ぐに行動していたら・・・妊娠の失敗談

SHIPPAI.JP」ではみんなの失敗談を共有して、たくさんの学びや共感をお届けするブログで、日々たくさんの人の失敗談を投稿しています。

NAO
NAO
今回は高知県在住のGさんの失敗談になります
G
G

こんにちは

あの時に直ぐに行動していたら・・・妊娠の失敗談です

あの時に直ぐに行動していたら・・・妊娠の失敗談

私が主人と出会ったのは20代の後半で、主人のことが大好きでした。

30歳までに結婚したいと思っていた私は彼と結婚したいと思っていました。
そして私が30歳になってすぐ、私たちは結婚することが出来ました。

子供が好きだったから早く子供が欲しかった

私は小さい頃から保母さんだった母親の影響もあって子供が大好きでした。
年齢が30歳ということもあって、結婚後すぐに子供が欲しいと願いました。

ですが主人の仕事が当時、とても忙しかったり、勤務場所が別の場所に変わったりして生活が落ち着きませんでしたので、主人から子作りは当分先にして欲しいと言われました。

仕事が落ち着いたので子作り開始

それを聞いた私は主人の気持ちも分かりましたし、最初は二人の新婚生活を楽しめば良いと思って、1年以上は避妊をしていました。

その後、主人の仕事も私たちの生活も落ち着いてきたので、私は主人に子作りを始めたいと気持ちを伝えました。

そして主人もそれを承諾してくれたので、私たちは避妊を止めて子作りに励みました。

生理が始まるたびに泣いていた

ですがそれから1年以上が経っても、子供を授かることが出来ませんでした。
私はネットで妊娠率をアップすることが出来るコツや方法について調べました。

そこに書いてある様々なことを試してみました。
でも妊娠には至らなくて、生理が始まるたびに泣いていました。

自然妊娠は難しいので産婦人科に相談

そして最初はとても抵抗があったのですが、自然妊娠は難しいかもしれないと考えて、産婦人科に相談しに行ってみました。

そして私の体と主人の体の両方の色んな検査をしてもらったのですが、特に不妊に繋がるような原因を見付けることは出来ませんでした。

複雑な心境

そんな検査の結果を聞いた時には複雑な心境でした。
なぜなら不妊の原因が何か分かれば、その原因の治療をしたり、状態を良くするために出来ることがあります。

原因が分からないと具体的な治療が出来ないからです。
でもその一方、不妊となる大きな原因がないということは、つまり妊娠できる可能性もあると良い方に考えようと思いました。

簡単な不妊治療から始める

そして私たちは少しずつ、簡単な不妊治療を始めていきました。

最初はタイミング法から始まったのですが、それを数か月続けても妊娠することが出来ませんでした。
人工授精の治療を始めていきました。

そのために何度も不妊治療専門の産婦人科に通う必要がありました。
生理の周期に合わせて排卵を促進する注射を定期的に打つ必要がありましたし、専用の薬を飲むことが必要だったからです。

ですが当時、私はフルタイムの仕事をしていましたので、頻繁に休みをもらって産婦人科に通うことは容易ではありませんでした。
上司や同僚たちにも不妊治療をしていることは伝えていませんでしたので、休みをもらう時には何かウソの理由を作って休むしかありませんでした。

罪悪感もありましたし、産婦人科に通っている姿を目撃されたらどうしようと不安にも思いました。
しかも排卵誘発剤の注射を打ち続けた後は排卵が促進されるため、お腹が痛くなってしまうこともよくありましたので、その痛みを我慢しながら仕事をするのは大変なことでした。

40代まで続けたが残念ながら・・・・

そんな痛みや辛さに耐えながら、人工授精の治療を何度も行ったのですが、残念ながら妊娠することは出来ませんでした。
そして私はいくつかの不妊治療専門の産婦人科を転々として治療を続けました。

中には職場や自宅から遠い場所にある病院もありましたので、そんな病院での治療は通院だけでもかなりの負担がかかりました。

そして産婦人科での不妊治療だけでなく、私は妊娠を促す効果があると宣伝されている高額のアロママッサージに通ったり、鍼灸院での針治療にも通いました。

そんな努力も実らなかったので、私は最後の砦と思っていた体外受精の治療を始めていきました。
この治療には更に多くの時間的な負担、金銭面での負担がかかったので、私の精神はボロボロになってしまいました。

それでも治療を続けたらきっと子供を授かることが出来ると思って、40代前半まで不妊治療を続けてみましたが、残念ながら子供を授かることは出来ませんでした。

まとめ

そして心も体も疲れ切ってしまって、私たちは不妊治療をすることを止めて、夫婦二人だけで生きていくことを決意しました。

出来ることは何でもやったので治療に関しての後悔はありませんが、30歳で結婚した後すぐに子作りに励んでいたら、妊娠することが出来たのではないかと思います。

この点に関しては失敗だったなと後悔しています。
今では主人との二人だけの生活を楽しむことが出来ていますが、それでもやっぱり子供が居たら良かったのにと思うことが良くあります。

残念です。

G
G
主人との二人だけの生活を楽しむことが出来ていますが、それでもやっぱり子供が居たら良かったのにと思うことが良くあります
NAO
NAO
Gさん、ありがとうございました